ダンボール箱の可能性について

subpage01

ダンボール箱といえば無地でどれも似たような見た目の印象ですが、工夫を1つ加えるだけで魅力が高まったり可能性が広がります。

その可能性の1つが印刷で、黒1色の文字を入れるだけでも、ダンボール箱の印象は大きく違ってきます。


企業だと自社ロゴを入れて使うことがありますが、文字に絵を加わることで、無味簡素な素材の欠点が払拭されます。


また文字や絵が入っていると必然的に興味を引きますから、宣伝効果に期待できることにもなります。

ダンボール箱情報のことならお任せください。

印刷となると当然ながらコストは掛かりますが、元々低コストの梱包資材なので、安価に宣伝効果などの付加価値をつけられるわけです。



ダンボール箱は全面に印刷することも可能ですし、カラー印刷で多色による多彩な表現もできますから、アイデア次第で可能性はいくらでも広くなります。一面に色がつくと素材感は殆どなくなり、逆に高級感や良質な素材といった印象が強くなるので、見た目と触れた時のギャップで驚きを与えられます。形状は四角が基本ではありますが、構造については多様化しており、部分的に強度を高めたり楽に開けられる工夫が施されるようになっています。


つまり、機能面でもダンボール箱は進化を続けている証拠で、見た目の付加価値だけに留まらない可能性や用途の多様性を秘めていると分かります。



紙の素材に工夫に工夫を重ねた結果ですから、製造現場の努力の積み重ねで成り立っていますし、弛まぬ研究開発のおかげで使いやすく魅力的なダンボール箱が実現しているといえます。