いいオフィスコーヒーの選び方

意外と知らなかったレギュラーコーヒーの意味とは

レギュラーコーヒーとは、焙煎して挽いたコーヒー豆から器具などを使用して抽出したコーヒーのことを言います。世界的にこのような言葉があるわけではなく、和製語です。一つの種類の豆から抽出したコーヒーをストレートコーヒーと呼ぶことがあり、対して複数の豆の種類をブレンドして抽出したコーヒーをブレンドコーヒーと呼びますが、これは両者ともレギュラーコーヒーということになります。さらに抽出の方法にも色々あり、中でも、最も一般的で親しまれている方法によるコーヒーがドリップコーヒーです。

漏斗状の器具に布や紙で出来たフィルターを敷いて、コーヒーを抽出していきます。これは昔、オスマン帝国で飲まれていた、豆をカップの底に沈ませて上澄みだけを飲む上澄みコーヒーを、より洗練された方法にしたものと言われています。しかし、上澄みコーヒー自体は現在もトルココーヒーとして現地で愛されています。他に代表的な抽出方法はエスプレッソです。

コーヒーのエキスが濃縮された非常に濃いコーヒーのため、日本でこればかりを飲むという人は少ないかもしれませんが、ヨーロッパではエスプレッソが一般的です。深入りして細かく挽いた豆に圧力とスチームをかけて一気に抽出します。小さなカップで濃厚な味を楽しみます。このように方法は様々あれど、豆から抽出したコーヒーのことは全てレギュラーコーヒーと呼びます。

レギュラーコーヒーに対応する言葉はインスタントコーヒーで、これは抽出したコーヒー液から水分を除去したものです。飲むときにはお湯などに溶かしてそのまま飲むため、抽出したものとはならず、レギュラーコーヒーではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です