いいオフィスコーヒーの選び方

オフィスコーヒーで業務を効率化

オフィスコーヒーにはいろいろなメリットがあり、疲労回復やリフレッシュすることができます。仕事を長時間続けていると集中力が落ちたり、効率が下がることがあるでしょう。コーヒーブレイクをとると頭がすっきりしたり気分をリフレッシュすることが可能です。効率よく気分転換することができ、コーヒーは五感の中でダイレクトに脳に届く嗅覚に刺激を与えることができます。

冷たいコーヒーより温かいコーヒーを飲むのが良く、温かい方が香りが引き立つので夏でもホットで飲むことをおすすめします。オフィスコーヒーは豆の種類を選択することができ、リラックス効果のある豆を選択すると良いでしょう。リラックス効果があるブルーマウンテンやグァテマラなどは人気があります。デスクワークしながら冷えたコーヒーを飲んでいると気分転換効果が薄れるので、コーヒーを飲むため机を離れたり背伸びしたり、深呼吸するといった体を動かすと効果的です。

人は通常交感神経が活発になる10時~14時は集中しながら仕事できますが、夕方からは交感神経が弱まりリラックスタイムになります。集中力が切れるタイミングにおいてコーヒーを飲むと、仕事の効率に良い影響があるでしょう。カフェイン成分は眠気覚ましに効果的で、覚醒効果を得るにはカップ1杯が適量です。ブラックコーヒーは良く、砂糖やシロップなどを入れると血糖値が上がり、集中力が減退するのが早くなります。

深煎りよりも浅煎りの方がカフェインが多く、ブラジルサントスやマンデリンなどは脳の働きを活性化することが可能です。オフィスコーヒーで業務効率化に取り組むことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です