いいオフィスコーヒーの選び方

オフィスコーヒーを導入する時の注意点

多くの企業では社員の業務効率をアップさせる方法の一つとして、オフィスコーヒーを導入することが増えてきています。オフィスコーヒーは導入することによって、社員や効率よく気分転換を行えたり、仕事に集中することが出来るなどのメリットの他に普段話す機会が少ない社員同士で会話が生まれるなど、職場のコミュニケーションを促進することを目的としています。こういったメリットが多いオフィスコーヒーですが、実際に導入する際の注意点もしっかり把握しておくことが重要です。例えば設置場所の確保が挙げられ、一般的なコーヒーマシンになると一台の大きさが最低でもA4の紙が置ける広さが必要といわれ、高さも30cm程度になります。

そのため複数台設置する場合は数に応じて十分なスペースが確保出来るか確認するようにしましょう。またマシンは定期的にメンテナンスを必要とするため、メンテナンスにどれだけ手をかけることが出来るかによっても何を導入するべきか考える必要があります。コーヒーマシンの場合はメンテナンスは業者に依頼して行う必要があるため、メンテナンス込みのサービスを契約したり自社で購入して社員が管理するスタイルなら、社員が定期的にメンテナンスや清掃を行う手間が発生します。自動販売機の場合は基本清掃は不要ですし、メンテナンスも設置しているサービス会社が行うので手間はありません。

このように社内の需要と関連させながら検討していき、最適なオフィスコーヒーを導入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です