汗をよくかく方は、自分は多汗症かもしれないと疑ったことはあるでしょう。

そういった場合にすぐに多汗症治療をしてもらいに行くのではなく、ただの汗かきと多汗症との違いを知っておいた方がよいでしょう。本来、人間は体温調節のために汗をかきます。運動をしたとき・食事をしたとき・暑かった日に普通の人でもその量に差はあれども汗をかくものです。

ただその時出る汗が大量だったら汗かきということですが、特に病気ではありません。太った人に多い傾向はあります。脂肪が多くて体熱が放出されにくいので汗で体温調節する必要性が高いからです。一方、多汗症は病気です。

そのため多汗症治療をしてもらわなければならないのですが、身体機能の失調によって引き起こされる病的な発汗であり、何もしていないのに全身や特定の部位から大量の汗が出てきてしまうのです。また精神的な要因も大きく関係します。手に汗握るという言葉があり人はハラハラドキドキすると汗をかくものですが、普通の人ならじわっと出る程度なのに多汗症ならその量が多いのです。汗で常に湿った状態だとデートで異性と手をつないだりするのも困難です。仕事をする上でも支障をきたします。普段の生活にも困るほどの汗で悩まされているのであれば一度多汗症治療のために病院に行ってみましょう。形成外科などでも治療はできますが、まずは皮膚科にいって多汗症なのかただの汗かきなのか、病気を特定してもらうところから始めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *