多汗症には、手汗がひどい人やワキ汗が多くて困っている人などの様々なタイプの人がいます。

それから多汗症になっている原因も、遺伝によるものからホルモンバランスの乱れ、交感神経が敏感でストレスなどの刺激により汗腺の働きを活発にしてしまう場合など、色々な原因があるとされています。このようにそれぞれの患者さんによって症状や状態が違うため、多汗症治療を受けたい時は、症状がどこに起こっているのかや症状のひどさによって向いている治療法が変わってくることに注意が必要です。

例えば、手足やワキの汗が多くて困っている人が手軽に受けられる治療法としては、塩化アルミニウム製剤を汗の気になる部位に塗るというものがあります。この治療法は皮膚科などで指導してもらうことが出来、塩化アルミニウム製剤も処方してもらえますが、効果は短期的なもので皮膚にかゆみなどのトラブルが起こる心配があることが問題点です。他に、気軽に受けられる治療法としては、皮膚科や美容クリニックで受けられるボトックス注射があり、注射を1本打つだけで半年ほど汗の量を軽減出来るため、人気となっています。

ボトックス注射は狭い範囲の汗を止めるのに向いており、ワキの下や手の平、足の裏、額などで効果を期待出来ます。それ以外にも、多汗症治療の方法には、発汗を促すアセチルコリンという神経物質を抑える作用を持つ抗コリン薬という飲み薬を使って一時的に症状を抑える方法もあります。手汗やワキ汗がひどいことで社会生活が送りにくいと感じている人は、多汗症治療を受けることで生活の質を上げられる可能性がありますので、まずは皮膚科や美容クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *