多汗症は体質だけと思われがちですが、治療を行うことで改善完治させることが出来ます。

人が汗をかく理由は大きくわけて3つです。1つ目は体温調節のために適度な汗が自発的に出て汗が蒸発する際に皮膚の熱を放出させて体温を下げるもので、2つ目は辛い食べ物を食べた時に上がった体温を適切に下げるために汗が出ます。そして3つ目は精神性発汗で、脳が危機感を感じた時に手のひらや足の裏、脇の下に汗をかきます。

多汗症になる原因要素は肥満や不安、緊張、ストレス、食生活やホルモンバランスの乱れ、喫煙、更年期障害や自律神経失調症などがあげられます。多汗症治療として用いられている方法は皮膚科で行われるイオントフォレーシスと言われるものです。これは水をいれた容器に直接弱い電流を流してその中に手足を入れることで汗腺細胞から汗を生成させることを防ぐというものです。

他にも、多汗症治療の中で一番手軽に出来るのが塗り薬の塩化アルミニウムを塗ることで汗腺にフタをするものです。ただしこれは一時的に多汗症を抑える治療法です。体質や精神状態の改善を行うためには漢方薬を使う方法が効果的です。美容クリニックなどでしわを改善するときに用いられるボトックス注射はボツリヌス菌を注入して汗の働きを抑制するものです。この他にも多汗症治療方はさまざまなものがありますが、自分の体質に合ったものを試していきます。原因となることを見つけることから始めて最適な治療法を見つけることで必ず治すことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *