ワキガは体質的な問題で、根本的な解決は医療機関で行うのがベストです。

その仕組は、アポクリン汗腺からの臭いを放つ汗が多く出ることで、そこに雑菌などが付着して起きます。手術の治療では、アポクリン汗腺を剪除してしまうが手っ取り早いですが、最近では手術も切らない方法が多くなっています。アポクリン汗腺の働きを悪くすることで汗の出方を調節することができれば良いわけです。剪除ではなく、レーザーやマスクロウェーブなどを用いて汗腺を破壊する方法がとられています。

手術では気になってしまう傷跡もなく、手術同様の効果を得ることができます。その他超音波治療法など、メスを入れない方法での治療をすることが多くなっています。デオドラント製品などでは、その場しのぎで、解決にならない場合は、思い切って皮膚科などに行くと良いでしょう。ボトックス注射などの方法もありますが、これは一時的なもので、永遠に臭いがなくなるわけではありません。

デオドラント以上の効果はあるものの、本格的な治療をしたい場合にはアポクリン汗腺としっかり戦うことが必要になります。ワキガではなかったのに、急に症状がでることあります。これは脂の多い食事をとったり、不摂生がつづくストレスが多い生活をしていることで、ワキガになることもあります。アポクリン汗腺から出る汗の質によるものですが、規則正しい生活と脂肪分の少ない食事をすることも、ワキガの改善と予防には必要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *