ワキガとは思春期に現れることが多く、わきの下が独特な臭いを発するようになります。

そのままほっておくとにおいは強くなり、その部分が黄色く変色してしまいます。男性にもある症状ですが女性にとってはとても辛い症状です。自分でできる治療方法としては基本的にわきの部分を清潔に保つことです。シャワーでしっかり毎日洗うことをお勧めします。その上でさらに行えるのがお風呂に入るときにお酢を入れて入ることです。お酢にはクエン酸という成分が含まれており強力な殺菌効果があるので雑菌の繁殖を防ぐことができます。

他にはわきのところに生えている毛を剃ることです。毛が生えているとそこに空気がたまりやすくなりにおいも強くなります。さらに近年、食事が洋風化してきているのも影響にあります。ワキガ体質が少ない日本にくらべ、欧米では70~100%がワキガで日本よりもかなりの高い割合を占めます。これらのことから食事にも注意が必要です。

ポイントとしては肉類などの高カロリーで高脂肪の食べ物はワキガを強くする傾向にありますので、お肉ばかりの食事の人は魚やビタミンが多く含まれている食べ物を食べ、体を改善していく必要があります。自分で治療する以外には手術があります。ワキガの手術は原因アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という臭いの原因となっているものを取り除くというものです。しかし手術には沢山のお金が必要になるのでしっかりと考える必要があります。自分に合った治療方法を見つけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *