ワキガは、汗っかきのせいで起こるのではありません。

アポクリン腺が人より多くあることで、においのある汗をかくことになります。人間には、エリクリン腺とアポクリン腺という二つの汗腺がありますが、エリクリン腺もアポクリン腺も出る汗は無臭です。ただ、アポクリン腺の汗は無臭ですが、アンモニアなどが含まれているために、最近が分解すると独特のにおいを出すようになります。そのため、ワキガの治療では、確実ににおいをなくすときは、手術でアポクリン腺を除去します。

切開して直接除去するほかに、ワキの下に小さな穴を開けて、そこから吸い取るという術式もあります。しかし、治療とはいえ、手術が怖いという人もいます。そのときは、塗り薬や飲み薬で症状を抑えたりします。これは軽度のワキガ治療に使われます。塩化アルミニウム液を染み込ませたティッシュでにおいの気になる部分を塗ります。中度の場合は、ボツリヌス菌を打つことで汗をかかなくしたり、電流を流してアポクリン腺を破壊する治療もあります。

手術するまでではないけれども、においが気になるというときに使われる方法です。また、超音波を発生させて、アポクリン腺を破壊しながら吸引するという方法もあります。どの治療法も、医師と相談の上、自分の状態に合ったものを選ぶことが大切です。それぞれには、メリットとデメリットがあるために、自分で決めるのではなく、医師の診察を受けた上で、納得するまで説明をしてもらうことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *