大阪の病院で多汗症治療を行っています。

この病気は、多量の汗がでる症状です。全身性多汗症は、気温が高いときや高熱の出る病気とバセドウ病、糖尿病にかかっている、更に妊婦や肥満者によく見られます。汗の出る汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、アポクリン汗腺は、腋窩、肛門、乳輪などの毛包内に開口しています。エクリン汗腺は、体表面の大部分に心材しています。

腋窩多汗症は、エクリン汗腺の分泌が盛んになり多汗症と腋臭症が合併したものです。腋臭症のなかには、においがしれほど強くないので、周囲の人にそれほど迷惑かけないのですが、迷惑をかけていると思い込んでいる自臭恐怖症にかかっている人も大阪にも多く見られますいます。腋臭症は、性腺分泌機能の影響を強く受けるために、思春期に多くみられる症状です。

腋臭症は腋窩部分のアポクリン汗腺が肥大や増加しその分泌物に菌が感染したりしてアンモニアなどの物質が加わるなどで悪臭を放します。多汗症治療の中で局所性多汗症は、緊張時に厚い食べ物を食べたときには、手のひら、足の裏、額、わきの下など、体の一部に汗がびっしょりと出てくるのです。

大阪の病院の多汗症治療の症状は、少しの緊張で手のひらに汗がびっしょりと出て、日常生活に支障が出るような場合には、皮膚科の受診を勧めます。症状を緩和する薬剤としては、抗不安薬、制汗剤の外用がある程度の治療の効果がありますが、症状が特にひどいときには、わきの下の交換神経を手術で切断する方法がありますが、実際に手術行う場合には慎重な検討が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *